添い乳の方法 メリット・デメリットは何?|完全母乳育児ナビ

MENU

添い乳のやりやすい方法とは?

添い乳

赤ちゃんが母乳を欲しそうにしていたり眠そうにしていたら、いつも使用している布団や寝室に一緒に行きます。赤ちゃんをお母さんの胸の隣に寝かせ、母乳をそのまま横になりながら与えます。

この時、赤ちゃんの鼻がつぶれていないか必ず確認してください

落ち着いた気持ちで母乳を与えます。この時に優しくおしりなどをトントンしても良いです。片方の母乳が出なくなったら、また向きを変えて同じように与えていきます

 

基本的にはこのような方法で母乳を与えていきますが、慣れてくるとお母さんの与えやすい方法がきっと出てくるはずですので、赤ちゃんの様子に合わせて行っていきましょう。ゆったりとした気持ちで行うことが大切ですよ

 

添い乳をする事でのメリット

添い乳をしながら赤ちゃんを寝かせると
ぐっすりと深い眠りについてくれることが良くあります

 

静かな空間でゆっくりとリラックスしながら、いつもお母さんと眠っている布団で添い乳することで赤ちゃんも安心して眠ることが出来ます

 

この頃はお母さんの気持ちが赤ちゃんに伝わりやすい為、お母さんがリラックスすると赤ちゃんも気持ちよくなります。大好きなお母さんの温もりを感じてすやすやと眠ってくれますよ

 

こういったことを何回か繰り返すと、添い乳をすると眠るんだ、といった習慣も身についてきますので、ぐずらずに眠ってくれるようになります。お母さんの匂いもすぐ近くで感じることが出来る為、赤ちゃんも安心ですね

 

添い乳で起こるデメリットは?

添い乳を行ううえで気を付けなければいけないことは
赤ちゃんを窒息させないように注意を払うこと

 

母乳をあげる時のおっぱいは、通常より大きく張っていることが多いです。赤ちゃんはまだ苦しくても手で押し返したりする力が弱いですから、必ずお母さんがしっかり確認してあげましょう

 

添い乳は夜間行う場合が多いですから、お母さんも一緒になって眠ってしまうと、赤ちゃんの鼻をふさいでしまう場合もありますので、気を付けましょう。

 

もう一つとして
赤ちゃんがおっぱいを吸いながらそのまま眠ってしまうので、ゲップを出すことが難しくなります

 

そういった場合は顔を横向きにして寝かせてあげるなどの対策をとりましょう。

 

 

>>>母乳育児の悩みランキング