母乳拒否が発生する原因は?対策はどうしたら?|完全母乳育児ナビ

MENU

赤ちゃんが母親を遠ざける母乳拒否の理由

母乳は母親が提供するミルクですが

赤ちゃんが飲みたくないと感じた時に母乳拒否として拒絶反応が起こります

母乳拒否の原因には複数の理由が存在しますが、一つには母親側に問題がある事

 

赤ちゃん自身が問題を抱えている事があります

 

赤ちゃんの舌は、初めて母乳を口にした時の味を覚えているもので、母乳の味が変われば警戒感を持つ事が考えられます。

 

母乳の味が変わる拒否の原因には
母親の体調不良

 

薬の服用

 

食事内容の変化

 

等が存在しています

 

赤ちゃん側にある拒否の原因としては
口内に傷や腫れが発生していたり

 

飲みたくないと感じられる理由

 

心理的な理由は、発達途中の赤ちゃんであっても大人と同様の拒絶反応であったり、母乳拒否の原因として問題に発展する可能性が高まります。

 

親子の変化と母乳拒否の関係

赤ちゃん

赤ちゃんは母親を頼り、誰よりも信用を感じた結果安心する事が出来ます。しかし、親子関係に変化が生じたり、母親の信用が低下した場合は、必ずしもこの限りではありません

 

拒否の原因になりうる一つの理由は
母親が同一人物と感じられなくなったり

 

母乳の安全性に疑問を持つ

 

きっかけがあります。また母乳を供給する乳首に違和感を感じる事も、デリケートな赤ちゃんにとっては大きな問題になります。

 

母親に問題がなくても、赤ちゃんが原因不明の不安を感じていれば、母乳拒否に結び付く事があります。問題には引き起こす切っ掛けが存在して、何らかの理由も含まれているので、根本を突き止めれば改善策が次第に見え始めたり、具体的な対策を行い効果が得られます

 

母乳拒否を乗り越えるための対策

母乳拒否の理由がわからない時は

理由を探る事と並行して、赤ちゃんの不安を一つずつ解消する事が効果的です

一見すると、当てずっぽうの対策と考えられますが、ただ単に悩むよりも、赤ちゃんとの関係を良くする対策を行う方が現実的といえます。改善点が効果に変われば、母親も少し安心出来ますし、母親の安心感が赤ちゃんに伝わる事も改善に有効

 

母乳の質を高める考え方は

 

安定した授乳を提供する切っ掛けになるので、母親自身の体調管理を万全に行う事がおすすめです。母乳の味は、食べ物の偏りやバランスだけではなく、ストレスによっても変化が生じるので、定期的に味を見て確認する事が大切です。

親が母乳に太鼓判を押せば、後は赤ちゃんの健康と安心感次第で授乳は成功します

 

 

>>>母乳育児の悩みランキング