母乳後に赤ちゃん(新生児)のゲップが出ない原因・対策は?

MENU

ゲップはなぜ必要なのか?

赤ちゃん ゲップ

赤ちゃんに母乳やミルクをあげたあと、背中をさすったりして空気を出すことが多いです。これはゲップをしないと生命に危険が及ぶということではなく

後で空気と一緒に飲んだものを吐かないようにするため、お腹の中に入った空気が圧迫して気持ち悪いと感じないようにするためということがあげられます

ですのでお腹の中の空気が出ないときは無理やり出さなくても大丈夫です。母乳で育てている時やミルクをあげている際座った姿勢で飲んでいる場合は空気を飲み込んでいないこともありますし、おならとして出ている可能性もあります。ですが仰向けに寝かせた時苦しい様子を見せたり、お腹がかたく張っているような気がする時はゲップをさせてみるようにします

 

ゲップがうまく出ない原因とは

赤ちゃんはまだ上手に母乳やミルクを飲むことができないので、空気と一緒に飲んでいます。大人の場合自分で出すことができますが、赤ちゃんの場合は自分で出すことができません。また胃の形も大人と違い筒状になっているので胃の入り口が閉まらず、簡単に吐き出してしまうことがあります。そのため胃の中の空気を出すには大人の力が必要となります

 

ゲップがうまく出ない原因には
飲む量が少なく空気の量も少ない場合

 

縦抱きにしてお母さんの胸で赤ちゃんの気管を圧迫している場合

 

赤ちゃんが寝てしまった場合

 

などがあげられます。この他にお母さんが知らない間に空気として出ている、おならをしているということがあります

 

ゲップを出すためには

胃の空気を出すには縦だきにする必要があります。まず赤ちゃんがお母さんの肩にもたれかけるように抱きます。次に赤ちゃんの胸がお母さんの肩にのるぐらいまで少し上げ下から上へとさすったり、軽くたたいたりします

 

ゲップをする赤ちゃんにも個人差があり、垂直に縦だきをした方が出る場合と少し前かがみにした方が出る場合とがあります。ゲップが一回でなくてもあきらめずに違う方法を試してみましょう。まだ首がすわっていない場合はしっかりと首を支えます

 

ゲップが5分ほど行ってみて出ない場合は

 

そっと寝かせます。この時、右側を下にして寝かせると吐いたとき気管に入ることもないですし、朝への入り口が右側にあるため消化しやすくなります。

 

 

>>>母乳育児の悩みランキング