赤ちゃんの便秘【対策はオリゴ糖・綿棒浣腸・のの字マッサージ】

MENU

赤ちゃんの便秘の原因

赤ちゃんはどうして便秘になるのか

 

赤ちゃん 便秘

おむつをしているような赤ちゃんでも、お母さんが驚くほどのしつこい便秘になります。出産直後の赤ちゃんは、母乳や砂糖水、粉ミルクなどしか飲まないために、ほとんどウンチが固くなることはなく、水様便ですので色や臭いなどに気をつけている程度で済むのですが

離乳食の時期が始まると途端に便秘の赤ちゃんが増えるようです

離乳食

離乳食は

 

繊維質が足りない傾向になりやすく、また繊維質のものを使っても、細かく刻んだり、柔らかく煮込んですりつぶしたりするので、腸内を掃除するほどの効果が期待できません。

 

その上、月齢が進むまでは寝てばかりいるので、腸内の活性化が進まずウンチが固くなって詰まってしまうのでしょう。

 

赤ちゃんの便秘原因@水分不足

 

水分が不足すると赤ちゃんが便秘になることがあります。赤ちゃんの水分が不足するとウンチの水分も不足します。ウンチの水分が不足するとウンチが硬くなってしまいます。ウンチが硬いと当然ウンチも出にくくなります。普通ならば赤ちゃんは母乳やミルクで水分補給は十分

 

例えば

 

赤ちゃんが夏の暑い日や冬の効き過ぎる暖房などで暑くて汗をかいたり、ハイハイなどの運動をし過ぎて汗をかくこともあります。そんな時に一時的に水分不足になることがあります。

このようなことが続いて便秘になった場合に水分不足のせいだと考えられます

このような時の対処法としていつもよりも母乳やミルクを多めにあげるようにしましょう。そうすることによって水分不足による便秘を解消することができます。

 

赤ちゃんの便秘原因A母乳の質

 

母乳が原因

母乳の質はお母さんの食べる物に大きな影響を受けます。お母さんが肉類や乳製品などの脂肪分の多いものを多量に摂ると母乳もドロドロになってしまいます。するとその分、母乳の出が悪くなってしまいます。母乳の出が悪いとおっぱいを吸うのに力が必要

おっぱいを吸うのに力を使うことによって赤ちゃんは汗をかくことになります。汗をかき過ぎてしまうと水分不足になるのでやはり便秘の原因となりやすい

そのためお母さんは脂肪分はできるだけ控えた方が賢明と言えます

 

赤ちゃんの便秘解消 和食

理想を言うと和食中心にして野菜や果物を多く摂るといいでしょう。自分のできる範囲でなるべく脂っこいものは避けるようにするところから始めてもいいでしょう。赤ちゃんのためにもお母さんの食事には十分に気を付けてください

 

赤ちゃんの便秘を食事で改善を目指す

すりおろしたりんご

赤ちゃんが便秘になりかけの頃でしたら、すりおろしたりんごを食べさせると良いといわれます。しかし完全になってしまったら、糖分が高いこともあってあまり効き目はありません。けれどそのまま放っておくことも出来ませんので、とにかく野菜をすりおろすなどして、なるべく繊維質のある水分を与えること

 

赤ちゃんのウンチが固くなってしまうのは、大人でも水分が足りないためであることが多いから。月齢や年齢などが進んで運動をするようになれば、内臓の動きも活発になってしつこい便秘に悩まされることも無くなりますので、それまでは食べ物の工夫で頑張るしかありませんが、みかんやはっさくなどのセルロースの多いものを食べさせるのは便秘に効果的

 

赤ちゃんの便秘の三大対策法

赤ちゃんの便秘対策@のの字マッサージ

のの字マッサージ

人間の腸は、一度下がってから大きく時計回りにおなかの中を回って再び肛門の位置まで下がってくるつくりをしています。腸の形に沿って外からマッサージで刺激を与えるのがのの字マッサージ。赤ちゃんを仰向けに寝かせたら、おなかにのの字を描いてさするようにマッサージしてあげます。

 

この時、強い力で押さないようにします。これが終わったら、うつぶせにして今度は背中に逆のの字を描くようにマッサージすると便秘に効果的

 

服を着たままでもできますので、便秘がちな赤ちゃんにはおむつ替えのたびにしてあげることができます。より高い効果を期待するなら、お風呂に入るときに裸の状態で、刺激の少ないベビーオイルなどを使用してマッサージするとよいでしょう。

 

赤ちゃんの便秘対策A綿棒浣腸

綿棒浣腸

使用する綿棒はベビー用ではなく普通のものがいいです。綿棒の先の部分を少しほぐして、ベビーオイルで湿らせます。赤ちゃんの足をM字型に持ち上げたら、綿の部分が完全に隠れるくらいまで肛門に挿入します。肛門を広げるようにぐるぐると大きく円を描いて綿棒を回します。

 

穴がすっかり開いて便が見えたら、刺激を止めずに続け様子を見ます。赤ちゃんがいきみ始めたら、少しおなかもマッサージしてあげるといいです。

突然うんちが出てしまうこともあるので注意してください

肛門を刺激することによって、赤ちゃんにいきむ時に力を入れる方向を教えてあげることができるそうです。害のない方法なので綿棒浣腸を試してみましょう。

 

赤ちゃんの便秘対策Bオリゴ糖が効果大

オリゴ糖 効果大

 

色々とやってみたけれどどうしても赤ちゃんの便秘が解消できない場合、オリゴ糖を飲ませるのが効果的

 

なぜ便秘にオリゴ糖が効くのかというと

 

腸内細菌のえさとなり、そのバランスを整えることで腸の調子を整えることができるからです。オリゴ糖にも種類があり、便秘に効くのは難消化性の「乳果オリゴ」「フラクトオリゴ」、母乳にも含まれる「ガラクトオリゴ糖」などになります。赤ちゃんに与える際には成分をよく確認して選びましょう。

 

赤ちゃんの便秘対策としているはぐくみオリゴだと安心

 

赤ちゃんの便秘対策 オリゴ糖ランキング

 

はぐくみオリゴ 赤ちゃんの便秘

はぐくみオリゴの特徴

高純度且つ超濃密な5種類のオリゴ糖を厳選し、ブレンドし、今までのオリゴ糖にはないほど体を活性化

体内の菌を強くし、ビタミン・ミネラルを吸収してくれるものや体の巡りを強くする働きをサポートするもので低カロリーなため多くの赤ちゃんの便秘にも愛用されています!

価格 1840円
評価 評価5
備考 初回特別価格50%OFF送料無料
はぐくみオリゴの総評

体内を活性化させるには野菜や大豆など様々な食材を摂取せねばなりませんが、はぐくみオリゴはこれ一つでしっかりとカバー

10日間の安心返金保証付き

 
 

カイテキオリゴ 赤ちゃんの便秘

カイテキオリゴの特徴

ほんのりとした甘さで、飲み物やヨーグルトに混ぜるだけで完了、料理に混ぜても味はほとんど変わりません

薬ではなく健康食品なので赤ちゃんにも安心して使用でき便秘に効果期待!

価格 2838円
評価 評価4
備考 赤ちゃんの便秘をスッキリさせてあげたい
カイテキオリゴの総評

独自で開発したEOS理論によって、複数のオリゴ糖を組み合わせ、実感度をパワーアップさせ、単体のオリゴ糖以上に実感

医師や医学研究所も勧めるほど、赤ちゃんの便秘にカイテキオリゴは理に適っているのです

 
 

快適スルン オリゴ糖

快適スルンの特徴

快適スルンは便秘解消健康食品。赤ちゃんや妊婦さんには安心が必要になるため完全無添加の最高級のビートオリゴ糖を使用

満足度90%も超えたので一度試して損なし

価格 3240円
評価 評価3
備考 優しい完全無添加のオリゴ糖
快適スルンの総評

自然由来のビートオリゴ糖&イソマルトオリゴ糖を配合しているので赤ちゃん・妊婦さんにはもってこいのオリゴ糖

 

 

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖がいい理由

赤ちゃんにオリゴ糖が安心な理由は、母乳を飲んでいた時期と同じような腸内環境に整えてくれるからです。生後すぐは赤ちゃんの腸内には善玉菌しか存在していません。腸はすごくキレイな状態になっています。食べ物ではなく飲み物しか摂っていないのも理由ではありますが、最初は快調なのもうなづけます

 

それが離乳食開始後にはうんちが固形になって固くなっていき、雑菌を取ることでより固いうんちになってしまいます。そんな時は母乳を飲んでいた時期と同じように「戻して」あげることが大切。腸内環境を戻すとそれ以降は薬を飲まなくてもいいようになります。腸内に善玉菌を増やしてあげて治療をすることで、よくなったら薬に頼らなくてもよくなるわけです。

 

赤ちゃんの笑顔を取り戻そう

赤ちゃんの笑顔

便秘で悩んでいる赤ちゃんをスッキリさせてあげて、いつもの可愛い笑顔を取り戻しましょう!私は色々と試してみましたがオリゴ糖が簡単でもっとも効果があったかなって思います。試せる事は色々とありますので是非とも改善される事を祈っております(^0^)

 

 

>>赤ちゃんの便秘解消にはカイテキオリゴ

 

赤ちゃんの便秘解消にはのの字マッサージを

赤ちゃんの成長とともに

 

赤ちゃんの成長

赤ちゃんが成長するとともに、ウンチにもだんだんと変化があります。ミルクやおっぱいだけだった時に比べて食事内容によって、ウンチの回数も減ってきます。そうすると、もしかして便秘かしらと思ってしまいます。しかし、大人と同じようなことを望む必要はありません。赤ちゃんが元気で食欲もあり、ウンチが出るときもスムーズであれば、不要な心配はいりません。

 

でも3日〜5日以上もウンチが出ない、ミルクやご飯を食べても戻してしまう、食欲がなくミルクやご飯を食べない、眠くなさそうなのにぐずる、大きな声で泣き続ける、お腹がパンパンにはっていて、便に血が混じっているような場合には便秘などが考えられます。

 

原因として考えられるのは

新生児期や乳児期の便秘というのは、赤ちゃんの腸の発達の影響や授乳回数が減ることにより起こることが多いです。それは、便秘というよりも、排便のペースが変化してくることにあります。でも中には母乳で育てている人の中に、母乳の量が足りなくてウンチの回数が減ってきたり、全部をミルクで育てている場合には、消化に時間がかかってなる場合もあります。

 

授乳や食事の量などが規則的でないことにより起きる場合もあります。そして、自分で動ける範囲が少なく、運動できないことが腸の動きも活発にならないこともあります。オムツかぶれや、切れ痔になってお尻に痛みを感じていて、いきむことをあまりしなくなったりするのです。

 

苦しい状態を解消するには

赤ちゃんが便秘になったと感じてきたら、それを解消してあげるのにのの字マッサージをお腹周りにするのです。お腹周りを刺激して、腸や自律神経を刺激してウンチを促すようにします。

 

赤ちゃんのお腹に手を当てておへそを中心にのの字を書くように時計回りにさすってするのの字マッサージ

 

その時には時計回りですることが大切です。ウンチがお尻の方に移動していく方向に沿いながら腸を刺激するのです。赤ちゃんのマッサージは指先を使わないで3本から4本の指と手のひら全体で優しくなでるようにします。一箇所をさすりながら、お腹に大きな円をゆっくりと描くようにします。赤ちゃんの便秘解消効果がある方法です。

 

赤ちゃんの便秘解消のために

赤ちゃんの便が3日とか5日とか出てこなかったら、親としては心配になりますね。大人でもつらいものですし、どうにかして解消させてあげたいところです。薬局で売っているような便秘薬はもちろん使用できません。代わりによいと言われているのは砂糖水です。

 

そうはいっても、砂糖水を飲ませるのは抵抗がある人も多いでしょう。虫歯のもとにもなりますし、まだまだ未完成である赤ちゃんの腎臓にも負担をかけてしまいます。糖尿病の心配もありますし、甘い味を覚えさせるのにも抵抗がある人もいるでしょう。そういったときに便利なのがオリゴ糖です。

便秘を解消させる効果がありますし、味がありませんので飲ませやすいです

 

オリゴ糖の飲ませ方とは

ミルク

赤ちゃんに薬を飲ませるにはどうすればいいでしょうか。オリゴ糖の場合は味がありませんので、比較的簡単に飲ませることができます。ミルクしか飲んでいないのであれば、調乳するときに混ぜてしまいます。

 

完全母乳の場合は水で練って口の中に塗りつけるようにすれば、自分で舐めて飲んでしまいます。

 

離乳食が始まっている場合は

 

はぐくみオリゴの効果的な食事

スープやおかゆに入れるのもよいでしょう。食事の味にはまったく影響を及ぼしません。粉末やシロップ、液体など様々な形態のものが売られていますので、飲ませ方に合わせて選択して利用するようにします。

注意する点は飲ませすぎないことです。体によいとはいっても飲ませすぎると下痢になってしまいます

飲ませ方意外の注意点

飲ませ方意外に注意する点は、できるだけ無添加のものを選択することです。添加物は赤ちゃんの体にはよくありません。たくさんの種類が販売されていますが、成分をよく見て購入するようにしましょう。赤ちゃん向けとなっているものなら安心です。

 

オリゴ糖は砂糖に比べて利点がたくさんあります。また牛乳や野菜、大豆などにもたくさん含まれているので積極的にこれらを摂取していく方法もあります。しかし、食物からの摂取には限界があります。多めに摂りたいと思ったら、長い間便が出ていないなと思ったら、粉末タイプなどのものを上手に足していくようにしましょう。赤ちゃんにとってもっともストレスのない方法を選択しましょう。

 

浣腸グセを避けたいのならオリゴ糖を

赤ちゃんは産まれてすぐは便秘になることはまれです。その理由は、食事は固形のものではないからです。赤ちゃんは、離乳食がはじまるまでは毎日母乳かミルクを飲んで暮らしているので、うんちも柔らかいです。

 

そのため便秘とは無縁の生活をしています。一番気をつけなくてはいけないのが離乳食開始時で、たべものを丸のみしたりすることでだんだんとうんちが硬くなってきます。そんな時は、浣腸をして便秘対策をする場合もあります。ただ、それだと習慣になってしまって浣腸をしないと出ないことになる赤ちゃんも出てきます。

それが浣腸グセでそれよりもナチュラルな方法で出してあげるのならオリゴ糖がおすすめ

 

食事は便秘のもと

離乳食

食事の内容が便通に多大な影響を及ぼすように、赤ちゃんの離乳食の摂取におけるタイミングはその後の体調に大きく関係してきます。例えば離乳食の代わりに砂糖水を代用したといったケースでも、それがよしんば緊急の場合だったとしても弁に特徴がみられるので、それほど赤ちゃんの便通も大人と同様にデリケートでもあるのです。

 

便秘はつまりは水分の浸透圧の関係上

 

腸内環境が通常ではないということなので、赤ちゃんにそのような状況があてはまる場合言語を操れない状態での便通の悪さなので、健康上の問題を鑑みるうえでもできるだけ早く、また原因究明の措置も取るのが親の役目です。また観察の機会にもなるので、良い勉強になります。

 

便秘改善は大人とメソッドは同じ

大人の腸内環境は様々な食物を取り込んでいるためにアレルギー体質などが出来上がって、赤ちゃんの体内のそれとはおおよそ異なった状況にあることが解明されています。しかしだからといって根本的に何かが違うという訳ではなく、消化機構は生来から変わっていないはずなので、仮に便秘が子供と大人に起こったとしたら、対処法も共通のものがあると信じてよいのです。

 

大人の場合は

 

漢方も適宜食することができますから、基本的に自分で知識を仕入れて対処する自由がありますが、子供の場合体質上そのようなわけにはいきません。なので親御さんが正しい知識をせめてインプットしておくことが求められるうえに、体のデリケートさを改めて感じる機会でもあります。

 

赤ちゃんの定期的な運動の必要性

赤ちゃんは腸内の運動を活発にするために子供らしい動きをするといっても過言ではなく、体がまだ出来上がっていない段階だと内部の方もデリケートであることが多いのです。ただそれを見守っているだけでなく、事故の危険性を極力低くするために定期的にマッサージを大きな負担がかからない程度に取り入れることも必要です。

 

力加減がものを言うのは間違いないですが、やり方がそもそも間違っていると場合によっては赤ちゃんの起源にそぐわないことが起こり得るので、その子がどのようなケアを求めているかを察知するのがよいです。簡単なことには見えませんが、数年暮らしていると行動に一貫性があるのが見えてくるので、楽しみの一つになります。

 

オリゴ糖の力で体内活性化

オリゴ糖は腸内にあるビフィズス菌の餌となります。また同時にオリゴ糖の出す酸は悪玉菌を弱らせる効果があるため、悪玉菌を減少させるのです。腸内環境を整えることで免疫系も安定しアレルギー症状の緩和も報告されています。

 

ミネラル吸収が促進されることにより

 

鉄、マグネシウム、カルシウムなども吸収されやすくなり、骨折や貧血の予防にも効果があります。血糖値の上昇やインスリンの分泌には影響しないため、糖尿病の人でも取り入れることができるので、ダイエットにも取り入れられています。

しかし、お腹の調子を整える反面、摂取しすぎるとお腹が緩くなる場合もあるので注意しなければなりません。