母乳の出が悪い時の6つの対策で出を解消しよう|完全母乳育児ナビ

MENU

母乳の出が悪い時に考えられる6つの原因

母乳の出が悪い原因@血行不良

 

母乳の出が悪い原因@血行不良

母乳の出が悪いと感じるときに原因となるものに、血行不良があります。母乳の原料は血液からというのはよく知られたことですが、血行が悪いと乳腺にも血液が巡らなくなるので、結果として母乳が出づらい状態になってしまいます

 

胸の上あたりを温めると血行が良くなります。適度な運動や湯船に浸かる習慣をつけましょう

母乳の出が悪い原因Aストレス

 

母乳の出が悪い原因Aストレス

ストレスが母乳の出が悪い原因になる事もあります。ストレスは時に様々な体調不良の原因になりますが、特に産後は心身ともに疲弊しているときです。知らず知らずのうちに疲れがたまっているということが考えられます

 

赤ちゃんのお世話で難しい事かもしれませんが、何か気分転換になるようなこと、ゆっくりと睡眠、休息をとることを心がけてみましょう

母乳の出が悪い原因B栄養バランスの偏り

 

母乳の出が悪い原因B栄養バランスの偏り

栄養バランスが偏っていると、母乳を作り出すことができません。母乳の原料は血液。炭水化物、たんぱく質などが普段よりも必要になってきます。脂質の多い食事をとると詰まりの原因になるので適度にとるようにしますが、それ以外はたっぷりととるようにしてください

 

特に産後の体系が気になるからと言って食事制限などのダイエットをしないようにしましょう

母乳の出が悪い原因C水分不足

 

母乳の出が悪い原因C水分不足

母乳は水分がないことには作り出せません。母乳は一日に一リットル以上作られるため、いつもより意識して水分補給をしないといつの間にか体がカラカラの状態になってしまいます

 

一度にたくさん飲もうとせず、こまめに温かい飲み物を飲むようにしましょう。カフェインの入ったものは避け、ラズベリーリーフティーなど母乳にいい飲み物などを飲んでみるのもいいかもしれません

母乳の出が悪い原因D冷え・貧血

 

冷えは血行不良にもつながりますし、貧血は血液成分の不足で母乳が出が悪いことの原因になります。冷え性を改善するには体を温めるショウガやネギを食べる、軽い運動やストレッチなどが有効

 

貧血の解消には鉄分補給が大事

 

レバーやリンゴなど鉄分の多いものを積極的に摂るようにしましょう

母乳の出が悪い原因E睡眠不足などの疲労

 

母乳の出が悪い原因E睡眠不足

赤ちゃんのお世話は24時間気の抜ける事がないのでどうしても睡眠不足など、母体の疲労状態が続いてしまいます。そうなると母乳が出が悪いことにつながってもおかしくありません。少しでも時間があるときは休息をとるようにして、赤ちゃんのお昼寝などの時間には家事をお休みしても一緒に眠ってしまうなどの対策をとるようにしましょう。

 

母乳の出が悪い時のとっておきの6つの対策

対策@水分をたくさんとる

 

授乳をしている期間は、お乳を出すことで普段よりも水分が多く失われます。そのため授乳期にはいつもより多く水分を取ることを心がけましょう。母乳が出が悪いと感じる人は、対策として1日に4リットルを目安にして水分を取るようにしましょう

 

その際に温かい飲み物のたんぽぽ茶ブレンド等を飲む事で血液循環が良くなり母乳の出が良くなりますので、できるだけ冷たいものは避けましょう

 

対策A頻回授乳

 

頻回授乳

母乳を赤ちゃんに吸ってもらう事でホルモンがでて、新しい母乳が作られます。そのため母乳が出が悪いときにはできるだけ頻回授乳を心がけましょう。対策としては約二時間おきに授乳をする事

 

余裕があって赤ちゃんも嫌がらずに吸ってくれるときには一時間に一度の授乳にしましょう。また夜間はホルモンが作られやすいので、夜間授乳も積極的にしましょう

対策Bお風呂でマッサージ

 

お風呂でマッサージ

母乳は血液から出来ているので、母乳が出が悪いときには血の巡りをよくするようにしましょう。そうすることで乳腺にも血液が流れやすくなり母乳が作られやすくなるのです。おすすめの対策はお風呂でのマッサージ

 

温かいお風呂にゆっくりとつかりながら、全身を優しく手でマッサージしましょう。胸が張っている人は、乳房のマッサージを念入りに行ないましょう。

対策C母乳外来

 

自分で対策をしてみてもなかなか効果が表れない時には、母乳外来に行くのもおすすめ。自分でマッサージをしてもぜんぜん母乳が出ないと言う人でも、助産師さんにマッサージをしてもらったら驚くほどの母乳が出ると言うのはよくある話。また食事の見直しや自宅でのマッサージ方法など相談にも乗ってくれますので、不安解消にも繋がります。

対策Dハーブティーを飲む

 

ハーブティーを飲む

母乳が出が悪いときの飲み物としておすすめしたいのがハーブティー。母乳の出が良くなりやすいハーブはいろいろありますが有名なのはダンデライオンです。血液をさらさらにして血行をよくする働きがあると言われています。これはたんぽぽの根っこを乾燥させたもので、たんぽぽ茶・たんぽぽコーヒーという名前でも売られています。

 

>>>たんぽぽ茶ブレンドを安く試してみるなら

対策Eサプリの活用

 

以上のように母乳の出が悪い時の対策はいくつか方法がありますが、慣れない育児でなかなか実践する時間がないという方はサプリを上手く利用しましょう

 

ミルニック画像

色んなサプリがありますが、おすすめはミルニック。西洋タンポポ・ラズベリーリーフ・フェンネルなど、自然の力で母乳を作るのを助けます。ママと赤ちゃんのために作られていおり無添加・ノンカフェインなので安心して飲むことが出来ます。

 

>>>ミルニックをもっと詳しく

 

ミルニックの効果・成分

ミルニックはママと赤ちゃんの栄養と健康をサポートするサプリです。大切な赤ちゃんにはしっかりと栄養を届けなければなりませんが、母乳に対して不安や悩みを抱えている方は少なくないでしょう。

 

@西洋たんぽぽエキス

 

Aラズベリーリーフ

 

Bフェンネル

 

という3大成分が贅沢に配合されている為、母乳が実感しやすいという魅力があります。

 

西洋たんぽぽエキス

 

西洋たんぽぽエキス

ビタミン類や鉄を多く含む成分で、体の内側からキレイにして活力をアップさせる効果に優れています

 

ラズベリーリーフ

 

ラズベリーリーフ

母子の健康を内側からサポートしたり気持ちを元気にする働きがあります

 

フェンネル

 

フェンネル

女性の体のバランスを整えるとして古くから親しまれてきた伝統的なハーブで、むくみを改善したりバランスを整える効果があります

 

ミルニックの副作用は大丈夫?

ミルニックはママと赤ちゃんのために開発されたサプリですから

体の害になるような成分は一切含まれていません

もちろん安全性にもこだわっており、着色料や保存料、発色剤、漂白剤、防かび剤などの添加物も含んでいないので安心して摂取できます。サプリメントを始めるときは副作用を心配する方もいますが、ミルニックは栄養成分と健康成分だけを厳選して配合しているため副作用を心配する必要はありません

 

妊娠初期の摂取は控えましょう

 

ただミルニックは母乳育児を目的とした商品になっているため、妊娠初期の摂取は控えましょう。また妊娠中は葉酸サプリを摂取する方もいますが、ミルニックにも葉酸が含まれているので他の健康食品と併用する場合は過剰に摂取しないように注意が必要

 

ミルニックの効果的な飲み方は?

ミルニックはママと赤ちゃんの体に嬉しい成分がたっぷり含まれた商品ですが、有効成分の作用を最大限に活かすためには効果的な飲み方を実践することをおすすめ

 

料理に混ぜる事も可能

 

1日1袋を目安に摂取しますが、水と一緒に飲むだけでなく料理に混ぜて飲むこともできるので続けやすいでしょう。ミルニックは時間がないときでもサッと飲めるよう、手軽に取り入れられる形状になっています

 

毎日決まった時間に摂取しよう

 

時間をしっかりと決めて飲む事で飲み忘れも防止できますし効果的に飲めるかと思います^^

 

初回限定で80%OFF980円送料無料にて購入出来るので、まずは試してみると良いかと思いますよ

 

80%OFF980円送料無料

ミルニック 公式

 

 

>>>母乳育児の悩みランキング